Windows SOFT

 視覚障害者用音声ガイドシステム「PC―Talker」高知システム開発(TEL:0888―73―6500)から、それをVDM用に移植した「VDM100W/PC−Talker」アクセステクノロジー(TEL:0761―20―1144)から1998年8月発売された。DOS用音声化ソフトで定評のある両社がWindows98用ソフトの発売ということで多いに期待される。
 アメディア(TEL:03−5286−7511)からは自動点訳ソフトとして定評のあるEXTRAがWindows対応版として9月10日発売された。
 インターネットエクスプローラの音声化ソフトボイスエクスプローラ98Ver.1.20が公開された。詳しくは、サポートページへ。また、アメディアからは画面拡大機能もあるインターネット音声ブラウザボイス・サーフィンが発売されている。
 IBM点字編集システム(Windows版とPC−DOS版BES)が1999年1月からフリーソフトとして提供されており、4月1日にはWindows版がバージョンアップされた。
 SSCT(028−680−2030)から1998年10月末Windows98音声化ソフト98Readerの詳細が明らかになった。ワード98やエクセル97への対応が大きなところである。定価34,800円、Ver.2からのバージョンアップが19,800円で、全国の16代理店で11月より出荷を開始した。
 ワープロソフトでは、ニュー・ブレイル・システム(0424−93−6646)からでんぴつのWindows版(定価50,000円)が、高知システム開発(0888−73−6500)からは同社開発のVoiceManagerとIBMのViaVoiceを利用した音声入出力ワープロMYWORD(定価88,000円)が発売されている。さらに、ジャストシステム(0886−52−9191)からも1998年11月20日にボイス一太郎(定価28,000円)が発売され、ビレッジセンター(03−3221−3525)からは高機能エディタとメールクライアントが統合したWZ Ver.4.0 with WZ MAIL(定価9,800円)が1998年12月15日に発売され、今年2月のマイナーバージョンアップで正式に音声対応となった。このように、Windowsの音声での文書作成環境がようやく整った。
 Windows98用音声化ソフトの今後の発展に期待する。
 世の中はGUI、Windowsが主流となり、視覚障害者の利用が困難になっています。今までのMS-DOSは、キャラクターベースで動作するので、文字中心で音声化が容易にできました。しかし、Windowsには、画像情報が多く、これをどのように視覚障害者に理解を促すかが大きな課題です。
 一昨年、SSCT(システムソリューションセンターとちぎ)から95ReaderというWindows音声化ソフトが発売され、アプリケーションも音声化できるものがでてきました。1998年2月末のVer.2.00から新たに、
Niftyマネジャー (ニフティ株式会社)
まいと〜く95 (株式会社インターコム)
Winbiff Ver2 (株式会社オレンジソフト)
EudoraPRO (株式会社クニリサーチインターナショナル)
電子辞書読上げ(ViewIng for 95Reader) (イースト株式会社)
の音声化に対応して、大変使い安くなりました。
 これとは別にWindows関係の音声化は各社で行われ、少しづつ環境が構築されてきています。
 しかし、Windowsを視覚障害者初心者ユーザーに理解して貰うことはかなり難しい問題です。今後、視覚障害者にWindowsを指導できる晴眼者が必要と感じます。

 私は、Windows上では、文書作成に、Windows95付属のワードパッドやメモ帳、ビレッジセンターから発売されているWZエディタを利用しています。
 インターネットのWEBの利用は、昨年10月発売され、評価の高い、日本アイ・ビー・エムホームページ・リーダーを使用しています。本ソフトは、一般に普及しているインターネットブラウザNetscape Navigatorを利用し、ProTALKER 97の音声出力を利用し、ホームページを音声化するソフトです。
 さらに、英語のホームページの翻訳には、インターネット翻訳の王様がホームページ・リーダーと相性がよいようです。
 点訳ソフトでは、WINBES99もWindows環境で使用しています。
 ジョルダン乗換案内時刻表対応版も音声化に一部制限があるものの十分使うことが可能です。
 最近、IBMのViaVoiceで、音声入力も試みているのですが、まだうまくできていません。
 複数OS(PC DOS J7.0/V・Windows95)の共存には、株式会社ソフトボートSystem Commander V3を使用しています。なお、System Commanderは最近V4が発売され、Windows98への対応やマウス操作への対応が追加されました。

Copyright(C)2004 杉田 正幸(Masayuki Sugita)
最終更新日:2004年7月30日